STORES 20191009 01
Top .jpg
 

空飛ぶカーペットに乗って旅するように、暮らしを楽しんでみませんか。

  

PHILOSOPHY

幼少期を過ごした家は、太陽がたくさん入り、いつも親戚が集まって賑やかでした。祖父母が住んでいたその家を、ふとしたきっかけでいまでも思い出すことがあります。
壁にかけられた祖父の浴衣、母が作ってくれた包みボタンのワンピース、カーテンから透ける初夏の風景……。心の奥深くにあるいつまでも残る幸せな思い出が、私を前向きにしてくれます。
── 香月裕子・テキスタイルデザイナー、Katsuki Connection代表


幸せとは目的地にたどり着くまでの感動やプロセスにあります。Katsuki Connectionは、ものづくりの過程を「人生の旅」と捉え、さまざまな地域の情景をモチーフにしたラグやテキスタイルなどのインテリアアイテムをデザインするブランドです。すべての製品は日本の卓越した職人たちの手で、一点一点丁寧に仕上げています。
Katsuki Connectionから生まれるものには、お客様が想像の翼を広げ、幸せな旅路を楽しむようなアイデアがたっぷり込められています。
空飛ぶカーペットに乗って旅するように、暮らしを楽しんでみませんか。

 

The house in which I spent my childhood was filled with sunlight, a lively place where my relatives always gathered. There are times even now when I remember out of the blue this house in which my grandparents lived. My grandfather’s summer yukata hanging on the wall; the covered button dress my mother made for me; the glimpse of early summer through the curtains… These happy memories remaining deep in my heart forever are what keep me moving forward.
Yuko Katsuki, textile designer/Katsuki Connection


Happiness lies in the excitement of the lead up to reaching your destination and in the process of getting there. Katsuki Connection perceives regards the creative process as a “journey through life”; it is a brand that designs interior items such as rugs and textiles using motifs taken from vistas of various regions. Each and every product is carefully handcrafted by outstanding Japanese artisans.
There are a plethora of ideas within items arising from Katsuki Connection that will have the imaginations of our customers spreading their wings and enjoying a happy journey.
Enjoy life, the same as you would a journey on a flying carpet.

 

ABOUT

Katsuki Connectionがはじまった理由

Katsuki Connectionがはじまった背景には、3つのStoryがあります。

Story1
デザイナーとして働き始めた頃、ニューヨークで一人のインテリアコーディネーターに出会いました。ある日、
彼に言われた一言は、今でも心に強く残っています。「アメリカの女性からコーディネートをお願いされる時、彼女たちは自分の思いをたくさんリクエストしてくるけど、日本人の奥さんはできるだけ普通にしてくださいって言うんだよね」それを聞いたとき、もっと多くの日本の人々に暮らしを楽しんでもらいたいと強く思いました。

 

Story2
キャリアを重ねているうちに、気付けばデザインのことよりも、締め切りに追われ、目の前の仕事をこなすことを優先していました。「私はデザインしているのではなく、ただゴミを増やしているのではないか」そんな風に感じ、本気でデザイナーを辞めようと考えたこともありました。
しかし、疲れ切った私を励ましてくれたのは、家に置かれているお気に入りのイスや綺麗な布地でした。
心をいたわり、癒してくれるテキスタイルをもっと作りたい。そんな思いが心の底から湧いてきました。

Story3
私が仕事をしているなかで出会った、卓越した技、精緻なものづくりを得意とする数多くの日本の職人たちがいますが、残念ながらその数は、年々減少する傾向にあります。彼らが受け継ぐものづくりの知恵と技術は、世界を見てもトップクラスのもの。それを今ここで絶やしてはいけない。伝統の技を継承し、未来へとつなぐために。そして少しでも長く使える良いものをつくるために。日本の匠の存在を世界中の人に知ってもらいたいと考えています。

 

 

“There are three stories behind my beginning Katsuki Connection.”
 

Story 1
When I began working as a designer, I met an interior coordinator in New York. Something he said to me one day remains firmly in my mind even now. “When American women ask me to coordinate their homes, they make a great number of requests based on their tastes, but Japanese wives ask me to make things as normal as possible”. When I heard this, my greatest wish was for more Japanese people to enjoy life.

 

Story 2
As I built up my career, I found myself facing looming deadlines and focusing on dealing with the work in front of me, rather that on design. I thought to myself, “Maybe I’m not designing, but just increasing the amount of trash around”; there were times when I really contemplated giving up being a designer. But my favorite chair and the beautiful textiles in my home soothed my exhausted soul.
I want to create more textiles that provide comfort, that soothe. This is a desire that springs from the very bottom of my heart.

 

Story 3
There are many Japanese artisans with prominent skills and who excel at the creation of exquisite things I have met through the course of my work; unfortunately, their numbers have had a tendency to decline through the years.
The knowledge and skills regarding the creation of things that these artisans inherit are top class, even by world standards. We can’t let them slip away now. So that traditional techniques may be handed down to future generations. And so that as many good things that can be used for a long time as possible can be created. My wish is that the existence of Japanese artisans be known throughout the world.

 

PROFILE

Textile designer      
香月 裕子   YUKO KATSUKI

福岡県福岡市出身。
女子美術大学短期大学卒業後、武蔵野美術大学_工芸工業デザイン学科に入学。短大と大学では、テキスタイルデザインを専攻。シルクスクリーン、型染め、フェルト、ファイバーアート、さまざまな表現でテキスタイルを学ぶ。ファッションデザイナーを目指しテキスタイルデザイン学科のある美術大学に進学するが、テキスタイルの奥深さに魅せられ、ファッションの枠にとらわれない表現を模索するようになる。この頃から皆で共感できる、空間で使用するテキスタイルデザインを目指すようになる。

2004 年武蔵野美術大学卒業後、株式会社川島織物に入社。2011 年に独立。
2012 年、旅するように暮らしを楽しむというコンセプトで、様々な国をモティーフにしたラグブランドKatsuki Connection を立ち上げる。同時期から、糸の開発や染色にこだわったオートクチュールのラグやカーペット、アートの制作をスタート。2017 年Maison & Objet 出展。国内外のさまざまな場所にアートやラグ、カーペットデザインを納品している。

kc0254_edited.jpg
 
 

PROJECT

◼︎ PROJECT

Hyatt Regency Tokyo | ハイアットリージェンシー東京
Royal Park Hotel Takamatsu | ロイヤルパークホテル高

träffa träffa |トレファトレファ
L’Embellir |ランベリー
Meiji-kinenkan | 明治記念館
Ginza6
HAKONE YUTOWA|箱根ゆとわ
BARNEYS NEW YORK
Selfridges(Boutique)| セルフリッジ
Bon Marché Paris(Boutique)| ボンマルシェ パリ
Boutique(Dubai,Mexico,Cannes,Alps…)|ブティック(ドバイ.メキシコ.カンヌ.アルプス)
Rug design for renoveru × DIESEL | リノべる × ディーゼル
T 邸_HAKONE  |   箱根

Y 邸_HAYAMA  |   葉山
K 邸_FUKUOKA prefecture  |  福岡県福岡市
H 邸_AICHI prefecture  |   愛知県名古屋市
F 邸_TOYAMA prefecture  |   富山県
Y 邸_SHIZUOKA prefecture  |   静岡県
A 邸_AOMORI prefecture  |   青森県
S 邸_AICHI prefecture  |   愛知県
O 邸_KYOTO prefecture  |   京都府
Y 邸_KAMAKURA  |   鎌倉
W 邸_TOKYO prefecture etc  |  東京都  …

 

Exhibition
2019年10月_ DESIGNART(TENOHA Daikanyama)
2017年11月_ IFFT interior life style Tokyo NEXT
2017年10月_ DESIGNART(TOMORROWLAND Shibuya-shop)
2017年1月_ Maison&Objet ParisHall-7 GALLERY
2016年6月_ Exhibition in Japan Kenzai
2013年11月_ IFFT interior life style Tokyo
2012年10月_ Bambo Expo/Tokyo
2012年6月_ IFFT interior life style Tokyo

VOICE

 

実際にお店に見に行ったりして探していたのですが、いまいちこれ!と思うものに出会えず、そんな時にインターネットでこちらのラグを見つけ、シンプルながら個性的かつモダンでどこにもないデザインに惹かれて購入しました。色々な部分にこだわって建てた家ですので、ラグなども妥協したくなくて本当に気に入ったものを探しました。
実物を見ての購入ではありませんでしたが、家の設計図を見て頂いてサイズのご相談をしたり、HPからもラグに対するこだわりがとても感じられましたので、不安に感じたことはありませんでした。届くまでとにかくワクワクしていました。

購入してから2年以上経ちますが、やっぱりこのラグにして良かった、素敵だなぁと飽きずに眺めています。我が家を訪れるお客様にも、「このラグ素敵ですね。」と言って頂いています。素足で触った感触も心地良く、自然と家族が集まる場所になっていると思います。

N 様    富山県

STORES 20191009 01.jpg

Order schedule

​ご注文までの流れ

 

Katsuki Connectionのラグは、山形県・京都府・大阪府の日本国内の提携工場で、ハンドタフト制作にてお作りしております。

ご依頼いただいてからご納品まで約3〜5週間ほどただいております。繁忙期は混み合うことが予想されますので、お急ぎの場合は、お早めにご連絡くださいませ。


色の変更や記載以外のサイズも承っております。

Katsuki Connectionカラーの16色からお選びいただいた場合、既定の金額となります。

ぜひ、お客様だけのお気に入りの1点をオーダーいただけたら、嬉しく思います。

ご不安な場合、デザインのご提案もさせていただいておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

Maintenance

Rug のお手入れについて

ウールについて

古代よりもっとも高級な素材として、ウールの絨毯は使われてきました。Katsuki Connectionでは、暑い夏は通気性がよく寒い冬には暖かい空間を作ってくれる、ウール素材をオススメしております。又、ウールは約20種類のアミノ酸でできているため、発色が非常に美しいことも特徴です。(アミノ酸は染料の相性が非常にいいと言われています。)
ご不明な点ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

日々のお手入れ

ウールのカーペットやラグに、もっとも適したお手入れ方法は、掃除機のバキュームによるメンテナンスです。
ウールは糸の外側の素材が少しずつ剥がれていきますので、毎日生まれ変わっているような状態です。剥がれたワタを掃除機でバキュームいただくことで、より綺麗に長くお使いいただけます。
最初の半年は毎日掃除機をかけていただくことをお願いしていますが、それ以降もご自宅でご使用される場合は、週に一度は掃除機をかけていただくことをお願いしております。公共施設でお使いいただく際は、毎日掃除機をかけていただくことで、靴の汚れなどもある程度取り除くことができます。
吸引力のある掃除機をオススメしております。ルンバのような掃除機は吸引力が少ないため、ウール素材のラグやカーペットにはあまり向いておりません。

一年に一度のお手入れ

ウールのラグやカーペットは、一年に一度スチームクリーナーを使っていただくと、日頃ついた油汚れを取り除くのに効果的です。より長く気持ちよくお使いいただけます。
油汚れがつきやすい場所の場合は、半年に一度スチームクリーナーを使っていただくことをお勧めいたします。又、家具の足あとがついた場合も、スチームを当てることでお届け当時の状態にある程度復元いたします。スチームクリーナーをお持ちでない場合は、熱いお絞りで叩くように拭き取ってください。

スチームクリーナーをお使いいただく時期は梅雨明けの晴れた日に行ない、その後、陰干しいただくことをオススメしております。

遊び毛について

一般的に遊び毛と言われるワタが、お届け後3ヶ月までは多く出ますので、掃除機を毎日かけていただくことをオススメいたします。
半年ほど経ちますとウール本来の艶が出てきます。その後もワタは少しずつ出ますが、次第に少なくなります。
毛がなくなってしまうのでは無いかというご心配の声をいただきますが、一日3000人近く歩くようなホテルなどでも10年近くお使いいただいています。ご安心してお使いください。

部分汚れのメンテナンス

ワインなどをこぼして汚された場合、吸収性のあるナプキンやタオルで押し付けるように素早く拭き取ってください。ネバネバしたような汚れはフォークやスプーンなどで、広がらないようにとりのぞいてください。中性洗剤をご使用いただく場合は、中性洗剤を30倍に薄めてご使用ください。洗剤が残りますとシミの原因になりますので、濡れたタオルで押し付けるように拭き取ってください。こするようにとりますと、汚れが広がり修復ができなくなりますのでご注意ください。2割ほど汚れが残っていても、遊び毛があることで次第になくなっていきます。

【  製品保証について 】

《 検品 》
・御社への納品後直ちにご確認いただき、何か問題がある場合は、御社到着後3日以内にご連絡をお願いいたします。

《 保証期間 》
・弊社から御社に御納品後、1 年間とさせていただきます。(ご納品日の翌日に始まり、1年経過後に終了します。)

1.  保証期間内に製品の取り扱い説明書に従った正常な使用状態で本製品に故障が生じた場合は、故障状況をお知らせください。(Katsuki Connection 以外に直接修理を依頼された場合は、本補償の対象となりません。)

2.  保証期間中でも、次のような場合には、故障品の交換は行いません。

• 本保証書とご納品書、商品のご提示がない場合。
• 納品書に所定事項の記載がない場合または記載された字句が書き替えられたり、書き加えられた場合。
 記載された商品が対象商品でない場合。
• 対象商品に想定外、弊社指定の使用用途以外での理由での損傷、故障の場合。
• 本商品の取扱説明書に記載される、本商品の使用者が行なうべき清掃を怠った場合。
• 商品の本体以外に生じた故障または損傷。
• 設置後に移動、落下等によって生じた本商品の故障また損傷。
• 通常の想定以上の環境(過度の湿度、温度状況下)での使用の場合。
• 天災・人災等・地震・火事によって生じた本商品の故障または損傷。
• 使用上の誤り(取扱説明書記載以外の使用)。
• 動植物等の外部要因で故障及び損傷した場合。
• 商品の本体以外に生じた故障または損傷。
• 経年変化あるいは、使用損耗により発生する現象で、通常使用に支障の無い部分で経年劣化の範囲に相当するもの
 (外装品、塗装面、鍍金面、樹脂部品、スプリング等のヘタリ、傷、自然退色、劣化、錆、腐食、カビ、虫食い、ねずみ食い、 変質、
 変色、その他の類似の事由等)。
• 盗難、紛失、置き忘れ、詐欺、横領及び保証対象外部品が主原因として考えられる故障及び損傷。
• お客様が対象商品の譲渡、再販などを行った場合、または使用者に変更があった場合はその時点で本保証は失効いたします。
• お送りいただいた商品に弊社が認める損傷、故障などが見つからなかった場合は、運賃等の付随コストを請求させていただく場合が
 ございます。

​ 以上。

 


Contact


この度はKatsuki ConnectionのHomepageをご覧いただき、ありがとうございます。ご不明点などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。当日中にご返信しておりますが、翌日になっても返信がない場合、大変恐れ入りますが再度ご連絡いただけないでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

送信が完了しました。